石垣島付近の離島・西表島は沖縄観光の穴場

西表島の場所・アクセス

イリオモテヤマネコという希少動物で有名なため島の名前は全国区である西表島は、石垣島や竹富島と共に八重山諸島の一角を形成する離島で、沖縄本島の南西約500kmの場所にあります。詳しく言うと石垣島や竹富島の西に位置しています。島へのアクセスとしては、空港がないため飛行機で石垣島の空港に来てからバスで離島ターミナルに移動して船で島に来る形になりますが、石垣島からは近いので船で約40分です。石垣島への直行便に乗った場合は意外とスムーズに島に着くため、人ゴミが苦手なかたにはうってつけの素晴らしい穴場の離島といえます。

西表島の魅力とは一体

西表島の名物というと、やはり船乗り場付近を流れる仲間川流域の広大なマングローブ林がまず有名で、船に乗って林の中をクルーズしたりすることが出来ます。その他、北部にある「星砂の浜」も有名で、ここでは美しい海で海水浴やマリンスポーツを楽しんだり、お土産でよく見かける星の砂を間近で見ることが出来ます。また西表野生動物保護センターでは希少動物・イリオモテヤマネコのはく製も展示されています。

西表島の宿泊施設・お買い物事情

西表島は空港がない小さな離島ながら、リゾートホテルから民宿まで色々な宿泊施設があります。そして、船乗り場付近にはスーパーマーケットもありますので、宿やお買い物面の心配は要りません。

石垣島からの日帰りもおすすめ

西表島は発展が進む石垣島と比べると未開の地で、そんなに便利な場所とはいえません。その点が気になって泊りがけで行く気にはならない場合は、石垣島旅行のうちの一日を西表島観光にあてて日帰りでくる形もおすすめです。

西表島のツアーはさまざまにありますが、日頃経験しないカヌーやトレッキングは、一緒に行くガイドの腕によって充実度が左右されます。ガイド選びは慎重にしましょう。