車検で失敗しないポイント!車検に出す前に知っておくべきこと

車検に出す時の洗車の有無

車検の選択肢には大きく分けて専門の業者に依頼をする方法と自身で行なう方法の2種類があります。専門の業者に任せる場合に頭を悩ませるのが洗車の有無です。一昔前であれば車が過度に汚れている状態で出すと、それが理由となって車検が通らなかったり点検を断られてしまうというケースもありました。現在はフランチャイズ店など業者の選択肢が増えていることから、それほど気にする必要はありません。とはいえ、最低限綺麗にしておくのがマナーです。

走行メーターのチェック

専門の業者に車検に出す時にチェックしておくべきポイントの一つにオドメーターの走行距離があります。これは車検に出した時のトラブルを避けるのが目的です。車検を専門としているプロであっても、時にはミスをすることもあって、実際に走行距離について間違えた記載をされてしまうというケースも珍しくありません。こういった間違いが起きてしまうと次の車検の時に困ることになるので大よその走行距離は確認しておくことが大切です。

事前に車内の不要な荷物を下ろしておく

車検に出す時に忘れずに行なわなくてはいけないのが不要な荷物を下ろしておく作業です。仕事やプライベートで日常的に車を使用している場合に、トランクに荷物を積んだ状態にしている人も少なくありません。こういった荷物はつい下ろすのを忘れてそのまま車検に出してしまいがちですが、荷物を積んでいる分の加重が車に掛かってしまうことで適正な検査を受けられないこともあります。特に車両の重量やヘッドライトの光軸検査に引っ掛かってしまうこともあることから、忘れずに下ろしておかなくてはいけません。

軽自動車は各種税金が普通自動車より優遇されており、当然車検を軽自動車で行う場合も普通自動車に対し軽減される事が多いです。稀に考慮されない事もありますが、通常10万円を大きく超える事はまずありません。