長く使い続けるために!サックスのしまい方やメンテナンス方法

まずはサックスを正しくしまうことが大切!

サックスは種類によって値段が異なるものの、平均的に見ると20~50万円ぐらいかかるものです。決して安い楽器ではないので、1つのサックスをできるだけ長く使い続けたいですよね。

サックスのメンテナンスで大切なのは、使い終わった後です。軽くメンテナンスして正しくしまうことで、良い状態をキープできます。サックスを実際にしまう時は、まずは本体の中の水分をふき取りましょう。クリーニングスワブという専用の布を使うと、上手に吸い取れます。また楽器ケースを開いて、その上にサックスを立てて拭くと滑りにくくなります。さらにクリーニングスワブをラッパになっている部分から挿入し、反対側から引っ張り出すと、中に溜まった水分もしっかりふき取ることが可能です。

本体の水分を吸い取ったら、次はネックとマウスピースにもスワブを通します。ネックは細く、無理に通そうとすると破損する危険性もあるので、丁寧にゆっくりと通すことが大切です。

後は汚れている部分も軽く磨き、決められた場所に正しくしまいましょう。

定期的に行いたいサックスのクリーニング

良い状態のままサックスを使い続けるためには、定期的にクリーニングを行った方が良いとされています。特にサックスのトーンホールを塞ぐパッドの部分は、水に弱いです。このため乾いたクリーニングペーパーを使ってお掃除しましょう。

またサックス本体の表面も、時々磨くのがおすすめです。綺麗に磨いてツヤを出したい時は、ラッカーポリッシュという液体状のものが効果的です。これを付けて磨くと、とても綺麗に仕上がります。

サックス(サキソホン)とは、木管楽器に分類される管楽器の王様です。弦楽器に例えるとギターのような最もポピュラーな菅楽器です。