トランペットを始めよう!初心者の方が選ぶ時のポイントは?

トランペットは材質によって音質も変わる

トランペットを購入する際、まず見ておきたいのが材質ですね。トランペットは、真鍮や銀、金など様々な材質が使われています。何が使われているかで、音質や使用感が大きく変わります。

まず真鍮ですが、非常に軽い金属です。これが使われているトランペットは、明るく軽快な響きが得やすいという特徴があります。しかし、真鍮は合金という事もあり、配合されている金属の比率によって、音色も変わるので注意してください。

銀は真鍮よりも重く、比較的柔らかいという特徴があります。加工がしやすいという事で、トランペット以外の楽器でも良く利用されます。音色は比較的まろやかになるので、真鍮と組み合わせて使われる事が多いです。

金は銀よりもさらに柔らかい金属で、比重が重いため上手に吹くにはかなりの技量が必要となります。初心者の方は、避けた方が無難でしょう。

実際にトランペットを選ぶ時のポイントは?

材質による音の違いなどを理解して、実際トランペットを購入する時になったら、実際自分の手で触れてみてから購入する事が大切です。同じシリーズのトランペットだったとしても、楽器ごとに完成度や耐久性は大きく変わります。まずは、自分が気に入ったトランペットをいくつか選び、実際に試奏してみましょう。

試奏する際は、かならず設備が整った試奏室で行うと良いです。部屋によって、トランペットを吹いた時の音の聞こえ方は大きく変わります。お店で吹いてみて良い音だったとして、家で吹いたら全然印象が違うという事もあります。

色々な種類を、色々な状況で試してみる事が、試奏する際の重要なポイントです。

トランペットとは金管楽器の一種です。そしてトロンボーンやホルンより明確に一般的な認知度が高い、最もメジャーな金管楽器です。