ショップで中古自転車を購入する場合のメリットとデメリット

価格面では中古自転車の方が有利

中古自動車を販売している店はよく知られていますが、中古自転車を販売している店はあまり知られていないかもしれません。しかし、一般的な自転車店で新品と一緒に売られていることも多いですし、また、中古自転車の専門店も存在していません。では、店で中古自転車を購入するメリットとデメリットはどのようなものがあるでしょうか。まずメリットですが、新品と比べると中古はやはり価格の面で有利です。ブランドのロードバイクは新品だと10万円以上するのが当たり前ですが、中古であればその半値以下で購入できることもあります。新品の自転車であっても、誰かが数日乗ってしまえば中古ですし、そういった自転車を見つけることができればかなりお買い得といえるでしょう。

メンテナンスが不十分な上に盗品を買うリスクも

では、デメリットはどのようなものがあるでしょうか。まず、ショップによって状態に差があることが挙げられます。専門の自転車店が販売している中古の場合、劣化したチューブが交換されていたり、チェーンに油が差されていたりと、一通りのメンテナンスを経て売り場に並べられていますが、リサイクルショップが販売している中古の場合、自転車に詳しい店員がいない限り、持ち込まれた状態そのままで売られている可能性が高いです。また、盗品を買ってしまうリスクも考慮しなければいけません。仮に購入した中古自転車が盗品だったとしても、善意の第三者、つまり盗品だとは知らずに買ったということで元の持ち主への返還義務はありませんが、買った値段で売ってほしいと言われる可能性はあります。申し出に応じるのであれば、別の自転車を見つけなければいけません。

名古屋の自転車のショップを選ぶ場合には、スタッフの対応の良さを重視するのがポイントです。商品知識が豊富なスタッフが多いショップを利用するのが、使いやすい自転車を見つけるコツです。